最新情報

クレジットカードとは

クレジットカードとは、現金を用いずに決済を可能にする方法の一つです。手持ちの現金以上の支払いが可能になることや、現金を準備せずに支払が可能なります。そのため、利用者にとっては支払いの選択肢が広がり、カード加盟店にとっては機会損失を削減する効果があります。カードを利用する前に、カード会社は利用者に対し審査を行い与信限度額を決定します。与信限度額とは、現金を用いずにカード決済によって支払い可能な限度額を指します。与信限度額の決定は、カード利用者の経済状況及び前年度利用者であれば前年度の利用実績等によって決定されます。新規にカードを作成する際には、経済状況が重要になります。安定的な収入が得られることやある程度の収入額を求められます。カード会社は与信限度額によって利用者をいくつかのクラス(一般カード、ゴールドカード、プラチナカードなど)に分類します。与信限度額は数十万円程度からさらに高額な金額まで、利用者の状況に応じて設定されます。また、クレジットカードにはキャッシング機能を付加することもできます。急に現金が必要になった場合などに利用可能です。この場合の借入限度額も与信限度額と同様に利用者の経済状況に応じて設定されます。ガソリンだけに特化したガソリン カードなど特定の用途に限定したサービスを提供するカードもあります。

クレジットカードを作っている会社

クレジットカードを作っている会社を見学したことがあります。発行しているわけではなく、単純に電子カードを作っている、という意味です。基本的に磁気情報のカードですから、普通に工場で生産されているのです。その生産工場にお邪魔したことがあります。セキュリティは恐ろしく厳しいのかと思っていたのですが、それほどではありませんでした。もちろん、部外者は入れないようになっていますが、指紋認証や声紋認証などをすることもなく、普通にIDカードや警備員のおじさんにチェックされて終わりでしたので、これは普通の工場と同じでしょう。それほど厳しいチェックとも思えませんでした。まだ、データが入っているわけではないので、そこまで厳密に守っていないのでしょう。色々な工場を見学したことがありますが、基本的にどれも一緒です。すべてがオートメーション化されていて、機械によってすべてが作り出されています。人間はスイッチを押すだけなのです。ですから、非常に楽と言えば楽ですが、こうしたものの所為で雇用が少なくなっていると思うとやるせなくなります。これはどの業界にも言えることです。便利になればなるほど雇用が減ります。非常に悲しいことです。後は時代の流れといいますか、使っている業種などではスマホからの決済が多い?らしい。スマホ アプリがこれだけ世の中にでて、電車に乗ってもスマホで色々やっている人がいるので、ゲーム課金の市場も広がっているんだろうな~。

クレジットカードのトラブルについて

クレジットカードのトラブルは様々なものがあります。最近のトラブルではスキミングが多いです。安易にどこかに置いておくとスキミングされますので気をつけるようにしましょう。入金を忘れて残高不足で支払いが出来なかった時はすぐにカード会社に連絡しましょう。毎月遅れるようなら、要注意人物として新規にカードを作るのが難しくなることもあります。見覚えのない請求がきた場合はすぐにカード会社に連絡を取りましょう。サイン等の本人確認を行った結果、本人が利用していないとわかると盗難保険によって支払の必要がなくなります。その為にも利用した龍収書は必ず取っておくことです。盗難やスキミングでカードを利用されて、引き落としが完了していても申し立てからさかのぼり60日までであれば損害を弁償してもらえます。カードの盗難に合った時は、カード会社と最寄りの警察署に連絡しましょう。クレジットカード番号がわからなくても、名前と住所で調べてくれます。警察署で紛失、盗難届を出すと届出の受理判をもらえます。その証明書をカード会社に至急送るようにしましょう。海外で紛失してしまった場合も同じです。現地の日本語サポートデスクに連絡をすれば、カードを無効にしてくれます。再発行したい時は、現地のデスクで手続きをすると発行してくれます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ